スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
救急搬送拒否による妊婦死亡事故について
「安心して産める社会に=「誰も責める気ない」-死亡妊婦の夫が会見」

 東京都内で8つの病院に救急搬送を断られた妊婦(36)が脳内出血で死亡した問題で、夫の会社員男性(36)が27日夜、厚生労働省で記者会見し、「妻が浮き彫りにしてくれた問題を、力を合わせて改善してほしい。安心して赤ちゃんを産める社会になることを願っている」と訴えた。
 夫によると、妊婦特有の高血圧もなく健康だった妻の容体が変わったのは4日夕。掛かり付けの産科医院に着くころには頭痛が激しくなり、医師が搬送先を探している間中「痛い痛い」と言い続けていた。「こんなに医療が発展している東京でどうして受け入れてもらえないのか、やりきれない思いだった」。
 約1時間後、都立墨東病院での受け入れが決定。救急車では「痛い」とも言わなくなり、「目を開けろ」と言ったら辛うじて開ける状態。「病院に着くころにはもう開けなかった」と振り返り、声を詰まらせた。
 搬送要請で、医師は頭痛が尋常でない状況を伝えていたといい、「伝わらないはずがないと思うが、誰も責める気はない」と夫。最初に断った同病院の当直医について「傷ついて辞めるようなことになったら意味がない。絶対辞めないでほしい」と話した。
 さらに脳死状態で3日間を過ごした妻が亡くなる日、保育器に入ったままの赤ちゃんを連れてきて妻の腕に抱かせてくれて、親子水入らずの短い時を過ごしたエピソードを披露。「墨東病院の医師も看護師も本当に良くしてくれた。彼らが傷つかないようにしてほしい」とした。
 夫は、医師不足や搬送システムなど浮き彫りになった問題について「のど元過ぎれば忘れるのではなく、具体的な目標を持って改善に向かってほしい。何かが変われば『これを変えたのはおまえのお母さんだよ』と子供に言ってあげたい」と話した。(2008/10/27-21:53)
(時事ドットコムより転載 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2008102700918)

--------------

 この件はどうせ報道ではほとんど流されないことだろうから、多少なりとも他人の目に触れるところに貼り付けようと思って転載。非常に痛ましい事件なのだが、夫の方の態度に感服した。はたして、自分が同じ境遇に立ったときに、これだけの言葉を吐くことができるだろうかと考えさせられる。モンスターが幅をきかせるこの世の中、このような方もいらっしゃるのだということは励みになる。そして、怪物たちの乱暴狼藉ではなく、この方のような真摯な態度がこの社会を変えるきっかけとなってくれることを切に願う。ご冥福をお祈り申し上げます。


☆本日のコピペのコピペ☆

237 水先案名無い人 2008/06/05(木) 19:35:57 ID:vSea3GDi0
カエサルが知人、友人、部下、愛人等を自宅に呼んで
自らコーヒーを振舞った。
「オクタビアヌス。お前はキリマンジャロ」
「クレオパトラ。君はブルーマウンテン」

そして最後にブルートゥスがやってきた。
「ブルートゥス。お前モカ」
--------------------------------------

本日もご覧いただきありがとうございます。
↓↓愛のワンクリック募集中であります↓↓


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


スポンサーサイト
「預け金」問題を考える
 地方自治体での不正経理が問題となっている。会計検査院が、任意に選んだ12道府県で国庫補助事業を調査したところ、対象の全道府県で不正経理が見つかったのだという。不正経理の具体的な中身はと言うと「預け金」。何かを購入したように書類上は装って、実際には取引業者の講座へ浮かせた金を預けておき、別の機会にそこから会計を行う、というもの。不正経理というとおり、行ったことは「不正」であって許されることではない。けれども、実際の用途と、なぜそういった行動に及んだのかということについては十分に検証されるべきだ。
 なぜなら、不正経理がそのまま不正使用に繋がるわけではないためである。すなわち、不正経理とは不正な使用の仕方をする、ということであって、そのお金を目的外に利用をしているというわけではない。このことをなぜ検証しなくてはならないかというと、その使用自体が不正でないとすれば、つまり、経理的には不正だけれどもその用途は不正でないとすれば、その不正は使用のルールの硬直性がもたらしたもので、改善の余地があると考えられるためである。
 公金は色々と使途が決まっているものが多く、何かと使いづらいお金である。大雑把に日常生活に例えて言うと、毎月の生活費が食費だとか交際費だとか、細かく用途別に分けてそれぞれ支給される、といったところだろうか。その額は当然その月以前に計画するのだから、計画のズレはどうしても生じてしまう。今月はデジカメを買う予定だったけれども次の月に新機種が出ることが分かったとする。そうなった場合、日常生活であれば次の月まで持ち越すか、あるいはその分のお金でどこかに旅行に行こう、などということになろう。これがいわゆる公金の場合は、このどちらとも基本的には認められない。その年度に支給されているお金はその年度内に執行しなければならない。また、その使途から外れた使用もまた不可能。それをやると、「はい、不正経理」、という話になってしまう。
 今回の件は、こういったかなり無茶なシステムの元で起こった事件である。常識的感覚からすれば、もっと柔軟な使用を認めるよう制度改正が行われなければならない、という主張が出てきて然るべきである。少なくとも、「国民から預かった大切な税金だという意識があれば不正は起こらない」というような、マスコミ各社の青臭い阿呆臭い主張は出てこないはずだ。経理上での正しさのために不必要なものにお金を費やすことと、不正であったとしても真に必要なものにお金を費やすこと、どちらが国民の税金を大切に使っているということなのか。彼らの報道にはこの葛藤への配慮は微塵も感じられない。

 なお、この手の話は大学職員的に対岸の火事ではない。大学での研究費でも全く同様の問題が起こり、逮捕者も出る事態となっているのは大学関係者であればご存じのことであろう。この場合も今回と同様で、その行為自体は当然許してはならない。けれども、そのような行動に至る理由として、年度ごとに使い切らなければならないという単年度会計の問題が横たわっていることは認識しておいて然るべきであろう。そして、現行のルールをどのように変えていけば良いのかという視点は常に持ち続け、考えていく必要がある。ちなみに、この辺りについてはアメリカの研究費制度が進んでいるようで、JSTの高橋宏さんという方が色々と広報をされている。以下にリンクをひとつ貼り付けておくので是非ご参照いただきたい。

平成19年度第2回プログラムオフィサーセミナー
大学と競争的資金配分機関が協力して競争的資金を使い易くする活動の枠組みについて


☆本日のコピペのコピペ☆
「あの女の柔道選手のニックネームなんだっけ?漫画からとったっていう」
「あれだろ浦沢直樹の・・・MONSTER」
「それだ!・・モンスター!モンスター!!」
--------------------------------------

本日もご覧いただきありがとうございます。
↓↓愛のワンクリック募集中であります↓↓

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ



乗じる人に抗う人たち(転載)
転載3回目。ラスト。
---------------

 今回もこんにゃくについて扱う。今回問題になっているのは一部の愚かな政治家が、さも国民のことを考えています、というアピールの場として、メーカー側に対して無茶な要求を行おうとしているという点にあることは以前に述べた。この点について、追加で述べなければならないことがある。
 それは、今回の一件での厚生労働省などの官僚の対応である。一部の方々は事件を受けて製造停止させよなどということを言っているが、官僚側の対応としては「それはできない」というものであった。これは実にまっとうな対応である。法治国家として、法律に書いていないことはできない。それは良くも悪くもできない。一部の人間にとって良いことであっても、様々な人間がいる中で一部の人間にとって良い内容が、また別の人間に同様に良いというわけではない。そういうわけで何らかの筋を通した形での過程を経た上で法律というものを定め、それによって動くという取り決めができている。それはあくまで制度であり、当然現実に完全に沿うものではない。しかし、それは巨大な社会を運営していく中での比較的多数が納得できる、納得してきた落としどころである。

 にもかかわらず、出荷停止にしてしまえなどと無茶を言われるのが政治家の方々である。そして、そこに官僚組織の存在意義がある。官僚というと、政治家にこき使われているというイメージの一方で、国家を裏で動かしているなんて感じで報道されることがある。それはある意味では事実であるように思う。なぜならば今回の件で明らかであるように、政治家の方々は感情だとか雰囲気で勝手なことを言われるためである。当然原理原則上できないこともあるのであり、その場合には修正を促さざるを得ない。その結果として実際上動かしている、とは言えなくもない。小さい子が自分でご飯を食べようとしていても、こぼしまくっててお母ちゃんが口に運んであげる量の方が多ければ、それは小さい子が食べている、というよりはお母ちゃんが食べさせていると言った方が適当であろう。そういうもんである。これは何も越権行為ではない。中央省庁はモンテスキューの三権分立で言うところの「行政」の役割を担う場であり、本来政治家、つまり「立法権」に対峙するべきものである。こういう話はボロが出そうなので深入りするのは止めておくが、結局言いたいことは政治家と官僚、その両者の緊張関係によってこそ良い政策が生まれる、ということである。
 
 自分のような一方に近い人間がこういうことを言うと所詮身内びいきくらいにしか聞こえはしないだろう。けれども、近いからこそ見えてくる部分もある、ということは指摘しておきたい。官僚叩きは結構だが、それでは政治家だけに任せてしまうのかということ、もしくはそうでないのならば国の運営は誰がやるんですか、ということは一度考えてみることだ。今回の件は政治家ばかりに任せることの危険性を存分に示したけれども、それと同時にその政治家にブレーキをかける官僚の必要性を再認識させられたという点で意義深いものであった。こういう見方はあんまりないようだが、こういう見方もできるんである。


ついでに蛇足であるが書いておく。どんな問題でもあることなんだが、ゴミ箱を作ってはいけない。ゴミ箱に頼っていては整理整頓などはできない。これは部屋のお片付けだけの話をしているわけではない。


☆本日のコピペのコピペ☆


幼馴染だった、美香ちゃんは幼稚園の頃は看護婦さんになると言っていた。
小学生の頃は飛行機に憧れてスチュワーデスになると言っていた。
中学生の頃はは教師になると言って猛勉強していた。
高校生の頃は格好いい女になると言い秘書を目指していた。
大学生の頃は女子校生に戻りたいと言っていた。
そんな彼女は今、日替わりでやりたかった全ての職業に就いている。
俺は安月給を握り締め週2ペースで彼女の元へ遊びに言っている。

--------------------------------------
本日もご覧いただきありがとうございます。
↓↓愛のワンクリック募集中であります↓↓




こんにゃくに乗じる人たち(転載)
転載2回目。
----------------

 本筋と関係のない話題も混ぜてみよう。2chでは、こんにゃくが随分と盛り上がっているようで。盛り上がるかどうかは別として、主張としては至極まっとうなことと思うのだが、いかがか。こんなコピペがあったので転載しておく。あの形にこんな意味があったとは、と正直感心した。

----------------------------------------------------------

604 名無しさん@九周年 2008/10/13(月) 09:01:36 ID:A2cuVY3p0

最初の事故が起きてすぐ、マンナン社は大きな改良を行っています。

・老人や子供に食べさせないよう外袋に赤字で注意書きを表示
・一口では飲み込めないような大きさにする
・カップの蓋に食べ方を表示
・万が一詰まったときに出来るだけ気道を確保出来るような形
(あのハート型にはちゃんと意味があるわけです)
・大人じゃないと開けられないように外袋の接着を強化
・カップも手軽に空けられないように蓋を改良
・吸い出さずに押し出して食べるようにカップを改良
・CMによる危険性・食べ方の周知
・カップの特許を放棄
これだけの事を行っているわけです。

特に最後の「カップの特許を放棄」に注目して頂きたい。


食品業界というのは実は特許の嵐で、カップ麺などの容器は使用者が火傷しない工夫などで各社がそれぞれ特許を囲い込んでいる。カップ麺に限らず容器などは全般的にそのような状態なのですが、マンナンライフはその業界の中で敢えて蒟蒻畑のカップの特許を放棄し、追随他社にまで安全対策を呼びかけています。自社の利益より消費者の安全を採ったわけですね。


----------------------------------------------------------

 何が問題かと言えば、これだけの対応を行っているにもかかわらず、なぜ出荷停止などという事態を受け入れなければならないのかということである。言うまでもないことだが、この問題はメラミン入り食品や毒入り餃子、または産地偽装、賞味期限改ざんなど、最近世間を賑わせている食にまつわる騒ぎのいずれとも異なっている。生産メーカーには何の非もない。過去に痛ましい事件があり、その経験を元に上記のような対策を行い、安全性の確保を高めてきたのだ。たとえば、今回の事件がその過去の例に当てはまらない、対策の及んでいない部分での事故ということであれば今回の騒ぎも理解できなくはない。しかし、今回の事件の対象は1歳9ヶ月の子どもであり、これまでの典型的な例である。パッケージにどのように記載があるのか確認しておくと、「お子様や高齢者の方はたべないでください」とある。それを承知で食べている、食べさせているのだから、そこから先は生産メーカーの責任とは言えないはずである。以前、マクドナルドのコーヒーをこぼして火傷して、コーヒーが熱すぎる!なんてことで訴訟沙汰になって原告が勝っちゃったなんて事件 があったけれども、この事件はそのさらに上を行く馬鹿さ加減である。電子レンジで猫を温めるなんてメリケンジョーク
(俗称猫チン事件らしい)が現実のものになる日も近い。

 この騒ぎの原動力は、一部の愚かな政治家である。さも国民のことを考えています、というアピールの場として、メーカー側に対して無茶な要求を行おうとしている。国民としてできることは、これらの主張している連中の顔をよく覚えておく、ということだ。便利なコピペがあったので貼り付けておく。このブログは、フルーツこんにゃくのリーディングカンパニー、マンナンライフを応援しています。

-------------------------------------
1・野田 聖子(自民党)
http://www.noda-seiko.gr.jp/
http://www.noda-seiko.gr.jp/contact/ ←(ご意見先)
2・福島みずほ(社民党)
http://www5.sdp.or.jp/comment/2008/moushiire081001.htm
http://www.mizuhoto.org/04/iken.html ←(ご意見・ご質問先)
3・島尻 あい子(自民党)
http://shimajiriaiko.ti-da.net/e2369809.html(メールの検閲あり)
4・森 まさこ(自民党)
http://www.morimasako.com/realtop.asp?prm=&M_ID=1&C_ID=3
http://www.morimasako.com/dispdtinfo.asp?prm=&M_ID=19&C_ID=3 (ご意見・ご要望先)
http://www.morimasako.com/dispdtinfo.asp?prm=&M_ID=12&C_ID=2
5.こんどう 正道(社民党)
http://www.m-kondo.jp/
http://www.m-kondo.jp/report_200810.html
番外編
川口順子(自民党) こんやくゼリー製造中止を訴えるユニカねっととの意見交換会に出席 
http://www.yoriko-kawaguchi.jp/official/archives/2008/09/919.php
岸田文雄(自民党)党消費者問題調査会
http://www.kishida.gr.jp/
後藤田正純(自民党)消費者問題調査会事務局長  ← new! 
こんにゃくゼリーの大きさなどを規制する法律つくる方針確認
http://www.gotoda.com/archives/2280 (※コメント受け付けてない)
河野太郎(言わずと知れた媚中議員の息子)   ← new!
http://www.taro.org/index.php http://www.taro.org/blog/
加藤紘一(元自民党のプリンス、その後大将に昇格)
http://www.katokoichi.org/   ← new!
古賀誠(野中先生の子分、選挙違反の過去もどこ吹く風)
http://www.kogamakoto.gr.jp/index.html   ← new!
中川秀直(通称(女)または(シャブ)、グーグルの関連キーワードで笑いを提供)
http://www.nakagawahidenao.jp/pc/  ← new!
船田元(政界失楽園) 
http://www.funada.org/   ← new!
山内幸一(チルドレン) 
http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/   ← new!
森山眞弓(規制ババア)
http://www.mayumi.gr.jp/   ← new!

-------------------------------------
※ 見やすくするために若干改変しました。
-------------------------------------

☆本日のコピペのコピペ☆

牛「むしゃむしゃしていた。
草なら何でもよかった。今は反芻している。」

--------------------------------------

本日もご覧いただきありがとうございます。
↓↓愛のワンクリック募集中であります↓↓






社民党、阿部知子の妄言 ~自衛隊遅延の責任の所在
社民党衆議院議員、阿部知子の議員が叩かれている。問題となっているのは下記の記述。

阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、国による命令を受けて救援に向ったのは、数日を経て後のことであった。日本の場合、自衛隊は軍隊ではないし、国土保安隊として出発し、防災のたねにも働くことを任務としてきた特別な生い立ちがあるのに、である。 (阿部知子のホームページ

なぜ、これが問題になっているのか。それは、そのときの首相が後の社民党となる、日本社会党の村山富市であったためだ。震災が起こった当時の政府は自民党・社会党・新党さきがけの連立与党で構成されていた。社会党の単独政権ではないとはいえ、首相はそれなりの権限を持っている。自衛隊法第7条には「内閣総理大臣は、内閣を代表して自衛隊の最高の指揮監督権を有する。」との文言がある。しかし、彼はそれを行使しなかった。

前述の大渋滞によって消防やレスキューの到着が遅れ、救助活動が進まず、自衛隊も村山富市総理大臣(日本社会党)から(国土の30%に当たる中国地方・四国~中部地方の陸上防衛力を空白状態にしてまでの救援活動を必要とするとの)政治的判断がなかなか示されなかった事から対応が後手になり、更に交通渋滞や被災者が犇く中で派遣隊員約12000人の宿営地を確保することが困難になったため、大規模な災害派遣部隊が現地に展開して救助活動を開始するまでに、3日間を要した。(wikipedia「阪神・淡路大震災」より)

村山首相のこの判断が、安部議員の言う「国による命令を受けて救援に向ったのは、数日を経て後」という事態を招いた。安部議員の発言は、こうした現実をまったく踏まえぬ言葉である。それが自分の党のほぼ唯一と言ってよいほどの表舞台での出来事であったにもかかわらず、しかもたった12年前のことであるにもかかわらず、この何の配慮もないこの発言。そこに万年野党の気軽さ、無責任さが垣間見え、それが非難されているのだ。

わたしはこれらの批判を正しいものと思う。救助が迅速であれば助かった命が数多くあったと聞く。その遅れによって大切な人をなくした人間にとって、これほど馬鹿にした話はなかろう。少なくとも、自らの党員がどのような発言をしていたのかということくらいは確認してから物を言うべきだ。それが多数の犠牲者を出した震災というデリケートな内容であればなおのことだ。その不勉強、あつかましさには、まこと恐れ入るばかり。これをただのおばちゃんが話しているというのならば笑って済む話なのだが、問題なのはこの人物が実際の衆議院議員として活動しているということである。このような議員がいるということは、彼女に投票したそれ並、もしくはそれ以上の素敵な頭を持つ方が多数いたということである。

国会議員のレベルは、その国民のレベルに比例する。このことは、覚えておいて損はないだろう。前任者の逮捕による宮崎県知事選挙はそのまんま東が当選したのだという。この男が何を説いたのかは知らないけれども、宮崎県民のレベルがいかほどのものか、生温かく見守りたい。ま、逮捕者選んでるくらいなんだから、ロクなもんじゃないんでしょうがね。



新しくランキング登録しました。こちらもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

☆本日のコピペのコピペ☆
203 :吾輩は名無しである :2005/06/04(土) 22:03:18
ヲイ、孔子と老子ってどっちが偉いんだ?宿題に出ちゃったんだよ、誰か教えろ。


204 :吾輩は名無しである :2005/06/04(土) 22:18:55
>>203
老子
どんなに孔子が偉くても最後には荷馬車で売られてゆくから

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

本日もご覧いただきありがとうございます。
↓↓愛のワンクリック募集中であります↓↓
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。