スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
オンラインストレージ「quanp」がすばらしい








 quanpがアツい。quanpと書いて、「くおんぷ」と読む。これは何かというといわゆるオンラインストレージ。つまり、自分のパソコンのデータをインターネット上に保存しておくことができるようになるというサービスである。この利点は大まかに言って二点ある。
 一点は他のパソコンもしくは人間と共有できるということ。当然自分のパソコンの中に保存しておくだけではそれ以外のパソコンからは見ることができないが、インターネット上に置いておくことによって、インターネット環境があればそれを別のパソコンから見ることができる。自分の場合、かなりこの機能は重要なものだ。というのも、家の中であっても二台のパソコンを使い分けているためである。Webサイトの閲覧など、基本的に「見る」場合には画面の広いデスクトップを用いるが、このブログの記事のように「書く」作業の場合にはノートを用いている。ノートパソコンからパソコンに慣れてしまった人間の性というものか。机に座って、というよりはどこかの壁にもたれかかる方が姿勢的にも楽なのだ。
 もう一点はパソコンの外部に保存しておくことで、万一壊れたときの保険となることである。つまり、ひとつのバックアップの手段として利用できる。たとえDVDや外付けのハードディスクに重要なデータをバックアップしていたとしても、家が地震雷火事親父で崩壊した場合にはどうしようもない。親父の場合は分からんが。けれどもインターネット上に保存しておけば、こういうところはそれなりにしっかりした管理体制が整っているだろうから、データが簡単になくなってしまうということはない。もっとも、そうは言っても完全にデータの保持を保証してくれるわけではないし、パスワードが漏れてしまえば他の人へ流出してしまうという危険性もあるのであって、本当に重要なものの保管場所として適当かというと難しいところもあるが。

 こういう利点はあるものの、別にこのようなサービス自体が目新しいものであるわけではない。わりとメジャーなところで言えば「
宅ふぁいる便」か。最近Microsoftが「skydrive」などもある。こっちは5GBの容量を無料で使えるという太っ腹なサービスだ。他にもGmailの容量を使用して同様の機能を持たせることができる「Gmail Drive」など、同様のサービスがないわけではない。にもかかわらず、自分がこのサービスを推すのは、他が持たない機能を持っているためだ。それは大きく分けて三点ある。

・アップロードが直感的

 まず、ファイルのアップロードが直感的である点。これまでの同様のサービスを使ったことがある人であれば分かるだろうが、ファイルをインターネット上に保存するためにはひとつひとつその場所を指定してやる必要がある。すなわち、mixiなどで写真を貼り付けるときのようなことをファイルごとに行わなければならない。一方、quanpの場合は専用のソフト(quanp.on)を立ち上げておけばいわゆるドラッグアンドドロップでファイルのアップロード、ダウンロードが可能だ。何も考えることなく、パソコン内でのフォルダ間の移動とまったく同じ感覚で同様の操作を行うことができる。

・自動アップロード可能
二点目は、自動的なアップロードが可能である点。既存のオンラインストレージは操作が面倒で、その操作性でquanpが勝ることは一点目に書いたけれども、それに加えてquanpでは自動的なアップロードまで可能となっている。専用ソフト上で設定を行うことで、デスクトップ上の特定のフォルダに入れたデータを自動的にアップロードすることができる。これは本当にすばらしい。共有したいファイルはそのフォルダに入れておけば、そのたびごとにアップロードする必要なく常にそこに最新のものが存在し続けるためである。

・デザインが美しい
 最後に、画面のデザインが美しい点。どんなに優れたサービスも、不細工なインターフェイスでは使う気にならない。その点quanpはかなり頑張ったであろうデザインである。若干それが行き過ぎていて、専用ソフトを立ち上げたときに一瞬どこをどうすれば良いか分からなかったり、若干4年前のノートパソコンには処理が重かったり、という部分もあるが。


<専用ソフト「quanp on」の画面>
独特のインターフェイスかつデザイン重視なので若干取っつきにくいがすぐに慣れる。赤と青のブロックみたいなものがWindows上で言うところのフォルダに当たる。




















 これまで述べてきたとおり、quanpはなかなか優れたサービスだ。誰か、もしくは他のパソコンと頻繁にファイルを共有する必要がある方には朗報であろう。かく言う自分はまさにこれに該当し、非常に重宝している。もちろんそれ以外にも、誰かとファイルをやりとりする必要のある方、天変地異にも対応可能なデータ保存手段を探している方は、簡単な手続きで無料で1GBの容量を使用できるので、ぜひお試しいただければと思う。

  quanpを試してみる!


☆本日のコピペのコピペ☆

病院の待合室で子供連れのお父さんがアンパンマンの人形であやしてたんだけど、アンパンマンのことなんか名前くらいしか知らないらしく、台詞に困って黙りがちに。長い沈黙のあと、子供にせかされたあげく発した台詞が

「オッス!俺、アンパンマン!俺の中身はつぶあんだ!」

あまりにも不意を突かれ過ぎて吹いた

--------------------------------------

本日もご覧いただきありがとうございます。
↓↓愛のワンクリック募集中であります↓↓


にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


スポンサーサイト
簡単、Webページ保存! 「紙copi Lite」
今回は「役立ちソフト紹介」ということで、自分が使っていて重宝しているフリーソフトを紹介したい。フリーソフトとは結局のところ、素人の作ったタダのソフトである。しかし、その性能は馬鹿にできない。最近は何をやるにしても、たいていのことはフリーで賄うことができる。また、これまでは自分で色々といじってやっていたことが、ソフトを使うことで瞬間的にできるということもある。さまざまなソフトを利用することで、あなたのパソコンライフが快適になればと思う次第である。

第一回目に紹介するのは「紙copi Lite」(配布サイト→Kamilabo.jp)インターネットの最中に、Web上のページを保存したいと思うことはないだろうか。たとえばどこかに行くときの乗り継ぎ表、ショッピングの際の注文確認表や振込先、面白かった記事、使えそうな論文など。その場合、「お気に入り」に登録するというのがもっともポピュラーな方法かと思われる。しかし、そうするとオンラインでしか見ることができない。またニュースなどの場合、古い記事はどんどん消されていくので、見つからなくなるおそれもある。「すべてを選択」もしくはテキスト部分を選択してWordなどに貼り付けるという手段はあるけれども、多くの場合は構成がズレてガタガタになる。そのページ自体を「名前を付けて保存」することも可能だが、名前を付ける手間がかかる。さらに数が多くなるとデスクトップがゴチャゴチャになったり、どこに行ったか分からなくなくなったりということが起こりがちである。わたしもまさにこうした状態にあった。大学在学中、ネットに繋ぐことができるのは大学の図書館のみ。よってWeb上の資料を保存する際には上記のような手段を取っていたのだが、多くの問題を抱えていたのであった。

こうした環境を劇的に変えてくれたのが、「紙copi Lite」である。インストールするとIE(インターネット・エクスプローラー)を開いているとき、つまりインターネットをしているときの右クリックメニューに「紙にページ全体を取り込む」という項目が追加される。保存したい画面上でここをクリックすれば、それだけで保存が完了する。それを見たいときはデスクトップ上の「紙copi」のアイコンもしくはタスクバー上(画面右下)のアイコンをクリックすれば見られる。基本的な使用法はこれだけ。使い慣れてくれば、フォルダを作成してそこに分類するなど色々なことができるようになるが、単にページをコピーするという目的だけに使っても十分に役に立つソフトである。

何のインセンティブも発生しないけれども日頃愛用している手前、有料版の宣伝もしておこう。このソフトには上位版「紙copi」がある。基本的な使用法は変わらないが、こっちの方は年月ごとに分類できたり、より詳細にページをコピーできたり、といった機能が加えられているとのことである。ヘビーに使われる方、金が有り余っている方はこっちを使われても良いかもしれない。

何にせよ、フリーというのはありがたいことである。特にパソコンのフリーソフトは市販のものを凌駕するものも少なくない。何かパソコンで作業をしている際に困難に遭遇したときは、安易にソフトを買うのでもなく、自己流で解決しようとするのでもなく、フリーソフト紹介のサイトなどを訪れることをお奨めする。きっと何かの解決策がそこにはあるはずである。

以下、フリーソフトの二強サイトを挙げておこう。どちらかと言えば分かりやすいという点で、窓の杜の方をお奨めする。

窓の杜
長所 ソフト数を厳選しているので、すぐれたソフトがすぐ見つかる
短所 自分の用途にぴったり合うものがあるとは限らない

ベクター
長所 数が非常に多いので、自分の用途に合ったものを探せる
短所 数が多すぎて、良いソフトを見つけにくい

☆本日のコピペのコピペ☆
368 名前:仕様書無しさん :05/02/26 23:33:31
今日久しぶりにレストランに行ってきた。
隣のテーブルにカップルが座っていて、ウェーターが料理を持ってきた。
「鈴木でございます」とウェーターが行った。
カップルの男の方が「久保田でございます」
女の方が「細谷でございます」と言った。

ウェーターは、背中が小刻みに震えながら、
「本日のお勧めの魚のスズキでございます」と説明していた。

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

本日もご覧いただきありがとうございます。
↓↓愛のワンクリック募集中であります↓↓
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。