スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
もうすぐセンター試験。

あけましておめでとう。当然の復活です。
正月気分もすっかり抜けてしまって、二重に痛いがともかく。

来週はセンター試験。臨時収入の時期である。試験監督は教員がやるのだが、教室外での監視は職員の仕事。試験途中でトイレに抜ける人間の付添や、その他何かの緊急事態があった際の要員である。

ところで今回のセンター試験はちょいと特別で、わたしが以前に教育実習で受け持った生徒たちが順当に行っていれば受けるはずである。考えてみれば、本当に彼らには悪いことをしたと思う。彼らの貴重なる授業時間を割いて練習台に使っておきながら、それを役立てる道に進まなかったためである。

ただし、いずれ書きたいと思うのだが、自分が今やっていること、これからやれそうなことは、これまで自分が考えてきたこと、やりたいと思っていたこととかなりの程度重なっている。また、それは教師見習いとして過ごした経験も、大いに役立ちそうなことである。ということなので、現時点では苦労から逃げて手堅い職をゲットしたと見えなくもないけれども、長い目で見ていただければ幸いである。

そのことともかかわってくるのだが、わたしは、かなり楽天的に運命なるものを信じている。かといって、これまでの人生が成功の連続だったなんていうわけでは一切ない。むしろその逆と言った方がよほど的確だろう。けれども、世の中に苦労は尽きないが、それとて何かの糧となる。あらゆる不幸も経験であり、それが人間としての重みになるように思われる。思えば大学浪人、新卒フリーターと実に無駄の多い人生だが、それだからこそ見えてくるものもある。また、努力を続けていれば、結果はいずれ降ってくる。自分も曲がりなりにも職を得ることができた。結果は自分の望むものではないかもしれないが、そう思うのは自分の捉え方が一面的、ということもある。それに加えて、どこに在籍するかは誰かに決められるものだが、そこで何をするかは結局のところ自分の問題である。

とてもこんなところを眺めている暇はないだろうが、要するに言いたいことは、「これに人生がかかってる」のはある程度事実としても、「失敗すれば終わり」なんて思い込むことはないということである。良くも悪くも社会は不安定化している。一時の成功は将来の成功を必ずしも約束しない。それは同時に、一時の失敗もそのまま将来の失敗を意味しないということである。また、繰り返しになるが、どっちに転んでも見えるものもあれば、得られるものもある。

となれば、やれることをやって、後は神様に祈るのみ。せめてもの罪滅ぼしでお賽銭はそこいらにばら撒いておきました。高校近くの○生田菅原神社オススメ。豆知識だけど、菅原神社の菅原ってのは、あの道真公から来ているらしいです。

そうそう。ついでですが、卒論生も頑張ってください。救援物資送ります。


★☆ 今日の無駄知識 ☆★
英語版ナウシカのクシャナ殿下の声優は、キルビル主演のユマ・サーマン。
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。