スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
わたしは橋下氏を擁護する。

微妙に旬が過ぎたネタであるが、中途半端に書いたものがあったので。さて、橋下徹氏が大阪府知事に当選した。そして、就任当初からいろいろなことが起こり、いろいろと議論の対象となっている。その評価はさまざまであるが、わたしは表題の通り、彼を擁護している。

その最大の理由は、彼に大阪府政を変えるだけの可能性があるためである。彼には実行力がある。ここでわたしの言う実行力とは、まさにその言葉がそのまま意味するところの意味においてである。つまり、何かを実行できる力。それが良い方向か、悪い方向か、などということは考慮の対象外である(その理由は後述)。その実行力の源泉となるのは、何か。それは思うに、人気と金である。

逆に考えてみよう。なぜ数多くの政治家が改革を実行できないのか。それは単純に言えば、その改革の対象として挙げられる非効率によって、政治家とその支持基盤が癒着しているためである。政治家も、選挙に落ちればただの人。選挙に当選するためには広い支持を得なければならない。その支持を取り付けるのにもっとも確実な方法は、力を持った団体などと癒着することである。かくして、持ちつ持たれつの関係となり、多数の人間を食い物にすることになるのである。そんな人間には小手先の改善はできたとしても、抜本的な改革などは望めない。

一方で、人気と金があればそれらの勢力に気兼ねする必要はなくなる。持ちつ持たれつの関係になることもないし、そもそもそれ以外に食いぶちがあれば当選にこだわる必要もない。それにより、他の権力に気を遣うことなく、政治を行うことができるのである。

もちろん、「できる」ことと「する」ことはイコールでない。また、上に述べた実行力はあくまで実行するための力であり、それが正しい方向であるか否かは全く考慮の対象外である。それは政治それ自体についての知識と経験によって可能になる。そして、多くの者が指摘するように彼にはそれが決定的に不足していると言わざるを得ない。とは言え、それは現状ではそれほど大きな問題ではないと思われる。というのも、大阪府はご存じの通りの惨状であるためである。府の財政にしても何にしても問題だらけなのであり、求められるのは何が問題であるかを分析することではない。その目に見えている問題に手を付けることであり、そこで必要なのは実行する能力を持った人材である。

すべてに優れた人間が政治を執ることがもっとも望ましいというのは当然である。けれども、そんな人間の存在自体が極めてまれであるし、その人材がわざわざ政治の道を志すというのは奇跡に近い。となれば現実的な選択肢としては、必要な場に必要な能力を持った人間を配置することである。そして、わたしは現状において大阪に必要であるのは橋下氏のような人材であると考える。すべての政策が実を結ぶなどということはなかろうが、彼ならばこれまでの知事にできなかったことをやってのけることができるだろう。

こんなことを書いていたら、たまたま今日やや大きなネタがあったそうで。

【政治】 橋下知事「民間は年収低いのに、財団は年収1000万。なぜ?」→担当者「年齢とか…」→館長「財団、むしろ邪魔」

・府立施設の見直しを進める大阪府の橋下知事、24日は青少年会館などを視察しました。

 青少年の活動を支援するため、40年以上前に建てられた大阪府立青少年会館。これまで、財団法人が運営していました。2年前から民間委託をはじめたのですが、今年度の人件費について説明を受けた橋下知事、大阪府の担当者に質問攻めです。

 「民間は(年収)300万円、(財団の年収を)1,000万円にする理由は?」(大阪府・橋下徹知事)

 「年齢の差とか…。内容については差がない」(府の担当者)

 これに対し、委託先の民間業者も思わず本音を…

 「財団側の2名の仕事は…」

 「府の委託作業を担当しているのが基本で、あとはスタジオの鍵開けとかお願いしている」(民間業者)

 「実際には必要ない?」(大阪府・橋下徹知事)

 「むしろ邪魔」(館長)

最後の「むしろ邪魔」が2ちゃんねらー的にヒットだったらしく、ちょっとした祭りになっているようだ。略して「MJ」なんだそうで、今流行の略称だから意外にロングヒットになるかもしれない。

新しくランキング登録しました。こちらもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

☆本日のコピペのコピペ☆

      

M u s h i r o    J a m a !!

  /\___/\
/ /    \ ::: \
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\
       .n:n    nn
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

本日もご覧いただきありがとうございます。
↓↓愛のワンクリック募集中であります↓↓

スポンサーサイト
道徳は教えられるか

いつものように産経NetViewを眺めていたら、「道徳教材に国庫補助」だそうな。「小中学校の道徳教育の教材について文部科学省は8日、平成21年度にも国庫補助制度を導入する方針を固めた」そうである。このニュースを聞いて、あなたならばどのように考えるだろう。税金を使って政府に従順な国民を作ろうとしている!!などと憤るだろうか。それとも、これだけでは物足りず、さっさと徳育を必修科目とすべきだなどと主張するだろうか。この違いがいわゆる右と左の違いなのだが、それのどちらが優れているという話ではない。横断歩道を渡るのに、どちらかのみでは危ないのと同じことだ。

道徳は教えられるか。前者で言えば、その答えはノーであり、後者で言えばイエスとなろう。しかし、現実的に考えてそんな杓子定規なことはあり得ない。教えられる人間には教えられるし、教えられない人間には教えられないというのがもっとも正しい答えだろう。そこに意味はなくともだ。

これに関連して、たまたまその後に読んだ別の記事で糸井重里氏が面白いことを言っていたので、ここに紹介する。

あのね、ま、言いづらい話なんですけど、

世の中には「頭のいい人になりたい人」というのが

すごくたくさんいてね、多くの場合、

その人たちが迷惑をかけるんですよ。

なぜかというと、頭のいい人になりたい人たちは、

すごく頭のいいことを考えて、

みんながそれに従えば

世の中がよくなると思ってるんです。

で、法律や、決まりや、

マニュアルをたくさんつくる。

それに従えば幸せがやってくると思って。

「1、こうするといいぞ」とか、書くんです。

でも、みんなは、頭のいい人の思惑を外れて、

「えっと、4番はなんでしたっけ?」とか、

「俺、じつは読んでないんですよ」とか、

「まぁ、いいじゃないですか」とか言うわけです。

そうすると、頭のいい人になりたい人たちは、

「どうして大衆ってバカなんだろう」って

もう、涙を流しながら思うんです。

「だから戦争が起こるんだ」とか言うんです。

でもね、彼らが言うようなことが、

世の中を変えたことは一度もないんですよ。

まあ、変える手伝いくらいにはなるにしても、

本当になにかを変えるようなものっていうのは、

「こっちのほうが美味しかったぞ」とか、

「つかってみたら便利で、もう戻れないや」とか、

そういう「事実が先に突っ走ったこと」ばかりで、

決まりやルールは、あとからできるんです。

この話が出てきたのは「宮本茂さん、『Wii Fit』を語る」という対談で。これはこれで面白いので見てみると良いが、今回のネタと直接は関係ない。けれども、その言わんとするところはほぼ同じであると思われる。思うに、子どもたちに道徳を教えるために必要なのは、教科書を作ることでもなく、かといって作らせないことでもなく、法律を作ることでもなく、作らせないことでもない。それは結局のところ、人間と人間との生の人間関係の中からしか生まれない。その中には教師も学校も入っているのだからそこにまったく関わらないわけではないが、それらが働きかけることができるのはあくまでその対象の一部としてのみである。我々が変えられるんだ、変えなくてはならないんだという気概も思い込みも不要だし、そんなものは決して役には立たない。

にもかかわらず、現状で行われつつあることはその逆行もいいところだ。誰も読みもしない法律を書き改めて、教科書を作って、かつ、教師学校にそれを押しつけることで満足している。それに反対する側も同罪だ。反対することに精を出して、目の前の仕事を放り出してはいないか。これらの結果として、教師も学校も窮屈になり、子どもたちと接する機会が減って相互の人間関係を作り出すことが難しくなるという悪循環に陥っている。そこで一体全体どうやって道徳を教えられるのか。道徳だけに限らない。その他、学問以外のことも同様である。

現在行われつつある改革と反改革の狭間で、これまでかろうじてあった相互の人間関係すらもが失われつつある。繰り返すが、改革ごっこも反改革闘争も、何も生み出しはしない。人を変えることができるのは、相互の人間関係においてのみである。とすれば、その関係を維持、発展させていく道は何か。そのことこそが、考えられるべきではないだろうか。それは制度という大枠を変えてどうにかなる問題ではない。一人一人の教師が自分自身の人生経験を深め、それを教室で還元していくことであり、それを可能にしていく環境作りということでしかあり得ないだろう。それに世の中は気付いていないわけではないのだが、一方で管理の徹底だの何だのの無駄な仕事でがんじがらめにしているものだから、うまく行くはずがない。とは言え、教師学校の側もこれまでの悠長な時代のことは過去のこととあきらめ、物事の優先順位を把握して効率化を図っていく姿勢は求められるだろうが。また、道徳という問題に関して言えば、その一番の責任を負うべきであるのは他でもない親である。親と子の関係の中でその基本を養うことなくして、どこの誰が教えられるというのか。何をやったところで焼け石に水である。

それぞれの親、それぞれの教師がその役割を果たしてこそ、そのそれぞれの子は育つ。それ以上でもなく、それ以下でもない。わたしはそのように考える。

新しくランキング登録しました。こちらもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

☆本日のコピペのコピペ☆

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/23 12:47 ID:???

満席の電車乗ってるとき、きったねーババァが俺の前に来て突っ立ってるんで

こりゃ、席を譲れと催促してるんだなと気づいたから、

しゃーねーから譲ってやろうと無言で席立ったら、

「そんなに年取ってないですから結構です」

と生意気な事をほざいてきたもんで、俺もむかついたから

「年寄りに席譲ってんじゃねーよ。レディーファーストだろ?」

って言ってやったら、ちょっと間があって、

無言でその席に座ってんの。かなりウケル。

で、よく見たら、なんか恥かしそうに顔赤くしてうつむいてて、

かわいいトコあんだなーって、軽く勃起した。



☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

本日もご覧いただきありがとうございます。
↓↓愛のワンクリック募集中であります↓↓

Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。