スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
新卒フリーターに優越♪
何と、受かってしまった。九州の某国立大学法人の事務。ちなみに前に書いた家庭教師派遣業はコケました。ちょうどアルバイトを始めて金の工面も何とかなりそうで、秋から本格的に就職活動に臨もうと思っていた矢先であった。始まりはバイト中にかかってきた突然の電話。

「○○大学ですが・・・」

最初は何のことか分からなかった。というのも大学事務の面接自体は7月に受けていたのだが返事がなく、もう落ちたと思っていたためである。9月末に二次募集があるとのことで、そっちには書類を提出するつもりであったのだが、まさかこのタイミングでかかってくるとは思っていなかった。話を聞いてみると、市役所や県庁などに受かったので大学事務を蹴った人間が数人出て、新たな採用者を探しているのだという。このときはまだ一次確認ということで、特に詳しい内容について聞かなかった。また明日以降にまたかけると言われて、その日は終わりであった。次の電話は二日後に、これまた唐突に唐突な内容を抱えてやってきた。

「明日来れますか?」

また急な話だな、オイ。と思いつつも、わたしはフリーなフリーター。バイトも基本的に土日のみで、平日は何の予定もないので二つ返事で約束をする。

次の日、そこに旅立つ。雨が降りそうであったのでバスに乗る。基本的にわたしは交通機関嫌いで、自転車大好き人間である。地元はバスが発達しているが、それでも15分に一本程度。最長で15分も待たされるわけで、あの待たされるときの時間が耐えられないのだ。今回はそれがまさに現実のものとなる。記載された時間になってもバスが来ない。4,5分も過ぎた頃にはその便はもう行ってしまったと思い、運動のために次のバスに歩いていた。まぁオチはありがちだ。歩いていてちょうどバス停とバス停の間辺りで、大きな角ばった物体は悠々とわたしの横を通り過ぎて行った。全力疾走も日頃の運動不足がたたったのか及ばず、無残にもそれは遠くへ消えていった。
そのおかげで時間はギリギリ。というか実際、乗り遅れた。12時発の便だったのだがバスから降りたのが12時。シンデレラもびっくり、ダンスホールで元の姿に戻っちゃったみたいなもんである。駅までの交差点の向かい側に旧友が立っているというサプライズがあったけれども、浮かれすぎたシンデレラにかまっているだけの余裕はなかった。すまん、旧友。
駅員さんに聞くと幸いなことに次の便がすぐにあり、現地到着時間には間に合うとのことだったので一安心。売店のパンをかじりながら、どうして重要な局面になるとドタバタ劇になってしまうのはどういうことなのだろうと考えていた。瞬時に、時間に余裕を持たないからだという明快すぎる答えが出てきた。分かりやすいなぁ。

そんなこんなで無事に某大学に着いて、人事課に行く。自己紹介と来た理由を述べると大学訪問などのときにいた気のいいおっちゃんが現れて奥に通される。座るよう促された席の目の前には三つの椅子が。アタマは瞬時に危険を察知した。「あれ、これ面接じゃね?」なぜなら今回の訪問が面接などとはさっぱり聞かされていなかったためである。聞かれたのは来られるかどうかで、言われたのはその時間のみ。それが採用するかどうか決めるためなどということすら言われていなかったのである。
まぁ、実際にはたいしたものではなかった。後に聞いたところでは、採用するにあたっての最終確認のようなものであったとのことである。聞かれたのは、これまでの他の試験の状況や現在何をやっているかということ。それと大学事務になったときに何をしたいのか。このへんは一度面接前に仕込んでいたところであったので何とか対応。並んだ三人の方は「踊る大捜査線」の上司三人組みたいな調子で、異常になごやかな雰囲気で行われた。
ある程度受け答えをした後、採用したいみたいな話が出てきた。カギになった一つの要因は留学経験とTOEICの成績だったようだ。この年代ならば英語信奉も根強いのだろう。これはわたしの考えていたもう一つの道、英語教師としては決して高い数字、十分な経歴ではない。けれども、おまけとしては機能したようである。一年無駄にして無茶してでも行った甲斐があったというものだ。
もう一つのカギは、「すぐ来た」というものらしい。これには拍子抜けした。聞くと、今回の補充のために数人に声をかけたらしいのだが、最初に来たのが自分であったとのことである。そして、それがどうやらやる気のバロメーターとして認識されているようなのだ。確かに採用する側として考えてみれば、すぐに来てくれる人間の方が印象は良いというのは理解できる。それで受かった身分で言うのもあれだが、そんなのでいいのかとは思わざるを得ない。その人間の質も本当のやる気もよく見ないままに先に来たから「採用!」みたいなことをやっていればミスマッチが起こるのは必然である。公務員の採用については、報告の電話に出なければ次の人間に権利が移るなんて話もあるが、あながち嘘でもないように思われる。すごい世界だぜ、大学事務。しかし、公務員を目指す方は知っていて損ではない情報か。

こんな調子で図らずも、就職が決まった。呼び出された時点でかなり期待をしていたのだが、やはりキチンと言われると喜びもひとしおである。思えば、長い戦いであった。臨時採用の話はあったのだがそこにあえて蹴りを入れて公務員を目指すことを決めたのはおよそ半年前。その結果はひどいものであった。大学法人はいくつか受けたが面接で全滅、県庁は一次落ち、頼みの綱の教員もまさかの一次落ち。さすがにこれほどまでの惨状は想像以上であり、極度に楽観的なわたしもある種の恐怖を感じていた。今年卒業とは言え、浪人と留学で二年のズレが生じている。年齢制限に近付くということであり、それだけのクオリティを求められるということになるし、残された可能性も少なくなる。それだけに枠を広げて、私企業の方も色々と眺めていたところであった。
これからは10月までに引越しや手続きを済ませるために東奔西走することになるだろう。バイト先への迷惑を最小限に抑えるためにも今月はほぼフルで出勤ということになったのでとにかく時間がない。しかし、これまでの方向の定まらない生活よりはよほどマシである。これからはしばらく更新が滞りがちになるであろうが、またヒマなときにでも覗いていただければありがたいことこの上ない。

最後に、公務員を目指しておられる方には大学事務をお奨めしておきたい。これまでまったく勉強をしていない人間でも、今からやれば来年の試験には間に合うだろう。まず筆記試験の範囲が狭い。あるのは教養試験だけで、これはセンター試験レベル程度の国語数学英語社会理科の問題と数的推理や判断推理などの知能問題で構成されている。センターを受けた人間であれば前者は復習程度で済む。もっとも選択制ではないので受けなかった科目は一からやり直す必要があるのだが。知能問題は毎日やって問題集を一冊仕上げればだいたいの解法は身に付けられる。わたしの場合、勉強期間は2ヶ月もなかったがうまい具合に受かることができた。県庁や市役所、国家Ⅰ種、Ⅱ種の場合は教養試験のほかに専門試験がある。政治学やら経済学など10科目程度で構成されており、法学部出身などでなければそれまでまったく触れることのない内容ばかりである。これはとてもじゃないが付け焼刃では歯が立たない。
また、受かる可能性がそれなりに高いという点がある。受験者は九州や四国などというエリアごとに一次試験を受けるが、それに受かればそのエリア内のどこの大学・高専でも志願できる。説明会の日程が重なるためにすべてというわけには行かないが、それでも2つ3つは受けられる。 さらに、受験者数は多いが一般的な認識としては他の公務員試験よりも低くランクされているので、どちらも受かった場合に蹴られやすい。そのため、今回のわたしのように突然合格通知が来るなどということも起こりうる。
その他、法人化以前は国家Ⅱ種であったので、待遇もそれなりに良い。また、中央省庁(文部科学省)に行けるというおまけ付き。ただし、午前様上等くらいの覚悟で行かなければ危険なのだそうだ。けれども、それに耐えれば大学でも部長以上の役職に付けるらしいので頑張る価値はあるようである。

二次の面接については何とも言えないが一次試験などについて、目指している方にはそれなりに参考になるアドバイスもしくは内部情報を提供できるかもしれない。コメント欄もしくは個人的にでも連絡をいただければ対応します。自分の冒険と失敗とギリギリの成功がこれからの誰かの役に立てば、それに勝る喜びはない。

新しくランキング登録しました。こちらもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

☆本日のコピペのコピペ☆
陶芸家が納得いかかない器を容赦なく叩き割る様をTVで見ながら


「良いわねぇ、失敗作をあんなに簡単に処分できるなんて。」

そう言って俺の顔をチラッと見る母

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

本日もご覧いただきありがとうございます。
↓↓愛のワンクリック募集中であります↓↓
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
わー!!おめでとう!!
イギリス留学が糧になったというのがまた嬉しいね。

またブログ楽しみにしています(^^)/
2006/09/20(水) 00:00:14 | URL | bergmund #-[ 編集]
ありがとうございます!嬉しかったのはソコですね。わざわざ無茶して行った甲斐があったなと。しかし、ムチャクチャ急な話なもんで現在大忙しです。

タイトルを変えないといかんなとも思いつつ、また色々書くと思いますのでよろしくお願いしまっす。
2006/09/20(水) 02:08:15 | URL | Hoz #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/09/27(水) 20:24:58 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。