スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
グレーゾーン金利見直しか?・前編
昨日の朝刊を見ていると一面で「特例金利導入を撤回」という記事が載せられていた。いわゆるグレーゾーン金利を見直す方針が固まったということである。消費者金融の拡大ぶりにはいい加減頭に来ていたところであり、今回のこのニュースはなかなか喜ばしいものであった。この辺についての基礎知識が不可欠であるかと思われるので、まず不得手ながらその解説を試みたい。資料を確認しつつ書いているのでやや怪しい部分もあることをお断りしておく。

まず、貸し金に関しては二種類の法律がある。それは利息制限法と出資法である。前者の利息制限法はその名の通り、金を貸す際の利息を制限している。元本が10万未満の場合は年20%、10万以上100万未満では年18%、100万以上は年15%とそれぞれ定めており、それ以上の超過部分については無効であると定めている。要するに、「ここまでならセーフ」という基準を示している。一方の出資法は「ここからはアウト」という基準を示すものである。出資法は一定の基準を超えた場合の罰則規定を定めている。その基準とは年29.2%を越える割合による利息契約をした場合であり、そうなると「5年以下の懲役若しくは1000万以下の罰金」に処されることになる。{ちなみにこの金利を超えて貸し出しを行う業者がいわゆるヤミ金というヤツである。}
話はもう少し複雑である。この二種類だけであれば、利息制限法を越える利息は支払う必要がないことが分かるだろう。というのも、利息制限法には「定める金利以上の利息は無効である」と記載されているためである。29.2%以上は出資法に引っかかるため当然として、それ以下の数字でも20%以上の金利は認められないはずである。しかし、ここにはもうひとつの法律が存在している。それは貸金業規正法。この法は利息制限法に定める上限金利を超えていても、一定の条件を備える場合はその契約を有効であると定めるというもの。その条件は省略するが、その条件を満たして利息を支払った場合、利息制限法に定める超過部分も返還は請求できない。つまるところ、利息制限法を越える金利で金を貸すことを認めるということである。

このようなカラクリによって、現実的には利息制限法以上、出資法での罰則規定のある年29.2%未満の金利というものがまかり通っている。これこそがいわゆるグレーゾーン金利である。アコムだのアイフルだの武富士だのプロミスだの、消費者金融いわゆるサラ金は基本的にこの金利で金貸しを行っている。これらサラ金のCMはいい加減にくだらない上に多すぎて嫌になるものであるが、今度ごらんになられるときは我慢して表示される数字をよく確認いただきたい。その数字は29.18%というように違法にならないギリギリの数字となっているはずである。

どんな人間が考えてもこの状況には違和感を持つことだろう。ある法律では明確に禁止されているにもかかわらず、網の目をくぐるかのような解釈が存在してそれが許されているわけである。これについてはさすがに数多くの被害者も出ていることから消費者団体や政治家有志が以前より問題視しており、今年辺りからようやく本格的にこれらの現状を改正するべく議論が行われていたのであった。

ということで、どういうわけかニュースの内容にまでたどり着かぬまま続く。最後まで書けなかったのはおそらく日本シリーズのせいです。新庄って奴は本当にスゴいですな。まさか引退の年で日本一になってしまうとは。今後の動向にも注目していきたいところであります。

新しくランキング登録しました。こちらもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

☆本日のコピペのコピペ☆
834 :名無しさん :2006/07/07(金) 01:50:31
女「どうしたの深刻そうな顔して」
男「ちょっと悩んでんだ、ほっといてくれよ」
女「ふーん、話変わるけどさぁ、髪薄くなった?」
男「話変わってねーよ」
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

本日もご覧いただきありがとうございます。
↓↓愛のワンクリック募集中であります↓↓
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
ていわす
ていわす副島です♪
穂積さんの詳しい解説のおかげでサラ金云々のことがわかりました。
新聞赤旗で、利息制限法や出資法のことはなんとなくぼやぼやと頭にありました。ヤミ金はこの法律無視とはわかってましたが、サラ金もアンフェアっちゃアンフェアだったんですね!ならば、利息制限法も出資法も守った真摯な金融業者は、ヤミ金でもサラ金でもない、何金と言うのでしょうか?そして、ヤミ金のヤミ、サラ金のサラは何の略でしょうか?
新庄はラッキーな男なんですよ知ってますか?過去に七回くらい事故にあったことあるそうですが、全て無傷ダッタ爽deth゙
2006/10/30(月) 02:09:06 | URL | 副島 #-[ 編集]
いつも笑顔の(しかしナイスガイ)新庄は福を呼び込むサイコチックな力があるのでしょうね?彼は負の生き方をほとんどしてないとおもいます。現世でいいことばかりの人は、前世でよいことをした人だ、またその逆もある、てな話はよくありますね!科学的ではないですが、いくら科学コースの僕でもチョイそうゆうの信じるの好きです。心霊現象とか信じないてことできないですし。
趣味があると、ないよりは毎日が楽しいですよね、今日水槽を買い、熱帯魚を始めることにしました!狭いアパートに入りきるチチャイ水槽です。穂積さんは何が趣味ですか?
2006/10/30(月) 02:21:32 | URL | 副島② #-[ 編集]
サラ金はサラリーマン金融の略で、総称は消費者金融かな。良心的なトコなんて世の中に存在してんのかね?金貸しなんてやってるのは所詮その程度のトコばっかだよ。借りる方も借りる方だからある程度しっかりしてる必要はあるんだろうがね。今や金貸しは儲かるってんで、銀行なんかも消費者金融とつるんで金儲けに精を出そうなんて世界。「銀行」「サラ金」「合併」とかで検索かけると色々出てくると思うよ。ただ、銀行系は多少金利安いようだわ。ご利用は計画的に!ついでに、赤旗もご利用は計画的に!あれだけじゃあ情報が偏るで。
新庄は本気で神がかってると思える数少ない人間やね。それが前世だ何だとなるかと考えると分からんけど。心霊現象、UFO、宇宙人についてはオレも信じるまでは行かないまでも、あってもおかしくないと思う。この広い世界で、自分たちだけが唯一の知的生命体だなんて考えるのは何ておこがましい考えかと思うね。
オレの趣味は、ここに書いているような愚にもつかぬことを日々考えつつブログを更新することかね。読みたい本もあるけど最近はアウトプットの周期かな。

2006/10/31(火) 00:01:16 | URL | Hoz #-[ 編集]
裏情報もっと教えてください!!銀行の金利なんてサラ金とは比べ物にならんくらい低いですよ。借りるならぜひ銀行で!ご利用は計画的に!その前に、人生も計画的に!!赤旗も偏ることはわかってて読んでます♪あくまでも情報源としてです。でも僕の基本的な考えはラデカル・レボルーショナリスティックなのには間違いないです(しかも赤旗共産的というよりは、僕独自の考えっす)☆
教採について考え出すようになりました、人生は計画的に!まず何から取り掛かればよいでしょうか?
2006/10/31(火) 00:39:42 | URL | 副島 #-[ 編集]
ごめん、思いっきりスルーしておりました。偏ってるのをしっかり理解してるのなら止めはせんよ。たしかにあの空気読めてない勇気にはたまに恐れ入る。トヨタなんかの大企業の不祥事に対して、他紙が遠慮しているところを赤旗がスッパ抜くなんてこともあるようだし。ただラジカルじゃあいかん。栄養バランス改善のためにも、保守派の思想にも触れてみるのはどうかね。とりあえず手元にあった佐伯啓思の『「市民」とは誰か』はオススメ。
教採については分かりまへん。そもそもオレは高校志望で、小学校のことは分からんよ。ま~定石としては、県別の対策本を読んで傾向を知り、ランナーを通してやりながら特にその部分を重点的に押さえていくって調子ではないかな。何より今から対策を始めることだろうね、健闘を祈っております。
2006/11/06(月) 22:50:49 | URL | Hoz #-[ 編集]
てぃわす225
たしかに保守派がどのようなことを考えているか知ることは大事ですね。栄養バランスの意味はわかりませんが、批判のために知ることは必要ですね!
昨日ゼミレポートの関係で県教委まで行ってきました。土佐の教育改革のなかの地域教育指導主事について調べるためです。はつの個人訪問でドキドキでした(*・∀・pq)☆★
そして今日発表…(@_@;) グダグダだったですけど、まぁどうあがいてもつつかれまくり(+_+)
今日は帰ったらバタンキューですな
2006/11/09(木) 21:46:30 | URL | 副島 #-[ 編集]
栄養バランスってのは、革新的な考えも結構だがそればっかりでは偏食と同じように考え方が偏るんではないかということね。偏りなく物事を捉えるには肉も食べて野菜も食べるように別の考え方、つまり保守的な考え方も知る必要があると思うわけです。

もちろん、それはその目的による。それが単に趣味の領域、自己満足の世界のものとして、一人で自己完結させるものであれば何の問題もない。しかし、それがただの自慰行為ではなくて現状を改善させようという意志に基づくものであるのならば、もしくはそれが何らかの場で何者かに対しての発言であるのならば、その主張は独りよがりなものではありえず、イデオロギーの枠に止まらない広い視野に立脚するものでなければならない。
というのも、それが如何に小さなものであろうとも、誰かはその主張を耳にし影響を少なからず受けるため。だから何かを発言する場合には、それに対しての責任を背負うだけの覚悟がなければならない。食品の産地偽装事件について「生産者の安全管理」なんてことが叫ばれていたけど、まったく同じことがこれについても言える。生産するということはその受け手がいるということであり、となれば生産者はそれが安全で正しいものかどうかについて徹底的に検証しなければならない。そして、そのひとつの有効な手段が立場の異なる主張にも耳を傾けるということなんではないか。

もちろん、自分自身もできているかと言われると怪しいもんだけども、それを意識することによって少なくとも放漫な主張は減るだろうし、そこから価値ある主張もまた生まれるんではないだろうかと思われる。


訪問お疲れ。今のうちにいろんなトコを訪ねていろんな声を聞いておくのはいいことだと思うよ。
2006/11/16(木) 00:25:55 | URL | Hoz #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。