スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
甲子園のドラマ?
たまたまテレビをつけたら、帝京×智弁和歌山戦をやっていた。9回表で4点差。これは厳しいなぁと思ったら、ツーアウトから4,5本連続ヒットで2点返し、最後にはホームランまで出て、何と逆転。これで終わったか、頑張ったな帝京。と思っていたら、ドラマは終わらない。9回のマウンドに上がったのはこれまでと違う選手。しっかり見ていなかったので気付かなかったが、ピッチャーのところで代打を使っていたらしい。この投手がまずかった。まったくストライクが入らず、ノーアウトランナー1,2塁にして、そこでホームランを浴びる。一点差。アナウンサーによると、今大会では初めての登板だったという。しかも、あの大歓声の中。緊張せぬ方がおかしいというものだが、これで一気に流れが変わった。慌てて次の投手を送るも、またフォアボール。さらにまた新たな選手をマウンドに送るも制球は定まらず、結局満塁からのフォアボール押し出しでゲームセット。

これを指して、人は「甲子園にはドラマがある」というのだろう。ここまで派手だとわたしとしても面白かったし、そう思いたいところでもあるのだが、どこかこの意見には引っかかるものがある。ドラマとは何だろう。負けると思っていた方が勝つ、勝つと思っていた方が負ける。そんなところではないか。確かに世にあるドラマというものはそういうものだが、現実として番狂わせが起こる理由は、本人の熱意とか根性とかというありがちなものではなく、単に見ている人間にとって敵となるチーム側がプレッシャーに負けたためなのではないか。

たとえば9回表の2アウトから、帝京の選手が連続ヒットを放って満塁にして、さらにヒットが続いた。この場面を打った方から見れば、気合だ、根性だ!!というように精神力の強さで解釈するのが普通だろう。しかし、これらを相手投手の心理状態から考えると、また違ったことが見えてくる。あれだけ連打されれば、とても冷静ではいられなかったであろう。なにせ、彼らはプロではなく高校生である。あのような舞台に立った経験などないに等しい。とすれば、あの状況においては本来の力を出し切ることができたとは考えにくい。制球が乱れ、ボールが先行したり甘いコースに入ったり。この精神力の弱さこそがドラマの原因ではないかと思うわけである。

つまるところ、危機的状況でのヒットなどのドラマ的展開というのは打った側の精神力の強さというよりはむしろ、投げる側・守る側の精神力の弱さの問題ではないか。これがわたしの考えである。より平たく言えば、精神力の弱さこそが、高校野球をドラマ的展開になりやすくしている、ということだ。

どのように見るかは自分次第で、そこにドラマを思い描くのも結構だろう。しかし、実際にはどうなのかと考えることもたまには必要なのではないか。ただし、それによって純粋に楽しめなくなるという危険性は大いにあるので気を付けられますよう。以上、高校野球を無垢に楽しめなくなった人間による、更なる被害者拡大を図るための駄文でした。

ブログランキング参加中。坊主頭に漢を感じる人はクリック!
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
智べん戦、和歌山でテレビを拝みながら見ていたよ。「ドラマやなぁ!」って思ってた。

ほんま高校生ならでは、気持ちのゆれがモロに出るから高校野球は面白い!! プロ野球の方は全然見らんのに、高校野球は見る。だって、この「モロさ」がたまらん(^^)

新しいブログ、めっちゃ更新されてるね
2006/08/20(日) 23:31:01 | URL | bergmund #NYvq0xQ2[ 編集]
さすが和歌山人は「べん」にコダワリが!確かに、そのモロさを楽しむのもありなのかもしれませんね。ただ甲子園はトーナメントなんで、ひいきチームが負けると「もういっか」となってしまうんで、最後まで見ることは滅多にないですなぁ。

決勝戦は引き分け再試合なんてことになってるみたいで、これはまた違ったドラマになっとるようですね。
2006/08/20(日) 23:44:14 | URL | Hoz #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。