スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
右傾化は悪くない。 ~マイク・ホンダ氏の報道がもたらしたもの
いささか旬は過ぎた感はあるが、マイク・ホンダを取り上げてみよう。従軍慰安婦への謝罪要求法案のアメリカ下院議員である。彼については一時期はずいぶんと騒がれていたが、どうも以前の勢いはない。謝罪法案は可決されそうだと言われていたのに、どういうわけか。
その大きな理由は、彼が中国系の組織から多額の献金を受けていることが明らかになったためではないか。この部分についてはメディアでの報道がそれ以前に比べると圧倒的に少ないため、ご存じない方もおられるかもしれない。少し前にこのニュースは産経新聞のトップを飾った。わたしは以前に述べたように産経新聞を読んでいるのだが、この産経がスクープをやってくれたのだ。他紙まではチェックしていないので扱いがどうだったかは分からないが、Wikipediaでわざわざ「産経が」と書いているところを見ると独占か、他は扱ったとしてもベタ記事でしかなかったのだろう。それは以下のようなもの。

2007年3月15日の産経新聞によると、ホンダ議員が2006年の下院選挙で受けた個人献金は、合計449人、金額にして約37万ドルである。このうち、中国系が94人、約11万ドル (人数で21%、金額で30%)であり、選挙区内の人口比率から見ると突出しているという。また、献金者の中には中国系の「反日団体」の幹部たちが多数含 まれるとしている。なお、韓国系の住民からの献金は、中国系の10分の1に留まるとしている。(Wikipedia「マイク・ホンダ」の項より

つまり、彼は中国系の団体から多額の献金を受けていたというもの。このたびの謝罪法案が、それら団体の意向であったことは想像に難くない。

こういうことがあるから言論の自由ってのは大事にせねばならないと思う。このスクープは、近年のいわゆる右傾化、そしてそれに迎合した産経新聞がもたらした成果と言ってよいだろう。10年ほど前までであれば、再び謝罪の憂き目に遭っていたことは想像に難くない。このような報道ができたということは、こういった報道を受け入れることのできる人間が育ったということである。これは小さな一歩とはいえ、評価すべきことであるとわたしは考える。ただし念のために言っておくが、それは右傾化がすばらしいなどというわけではない。

要するに、意見の多様化が必要ということであり、それこそを評価すべきと主張するのである。右だ左だと色々あるが、それはそれでどちらでもよいのだ。いわばそれは絵の具の種類みたいなもので、たくさんあればあるほどリアルを描くことができるのだ。特定の勢力のみが幅を利かせているような状況では、特定の色に染められて真実が歪められる恐れがある。その良い例が、そもそもの従軍慰安婦問題ではないか。これだけの問題になっているにもかかわらず、日本軍が組織的に慰安婦狩りを行ったことを裏付ける証拠はない。あった証拠はないけれども、なかった証拠もないなどという斬新な発想をされる方もいるらしい。もうね、阿呆かと。あった証拠がないということは、ないということだ。

バランスを取っておくと、いわゆる左派、たとえば共産党だって必要ないというわけではない。共産党の機関紙「赤旗」などはタイトルからして偏向しているわけだが、トヨタの悪口を書けるのはあそこくらいしかない。一般紙は大量の広告を受注させていただいており、それが貴重な収入源になっている。そのスポンサー様の意向には簡単には逆らえないのである。一方の「赤旗」は熱心な信者を抱えているのか闘争も厭わぬ魂を持っているのか知らないが、そういった大企業ネタにも果敢に取り組んでいる。その価値は十分に存在する。

人間は、まったく中立に物事を考えることなどできない。そんな人間の寄り集まっているのだから、真に中立な機関なども存在するわけがない。となれば、多種多様なるメディアこそ望まれるべきではないかとわたしは考えるのだがいかがなものか。道を歩いていても、まっすぐ歩いているなんてことはなくて、少しずつ右にずれたり左にずれたりしているわけだ。そうなれば誰だって逆方向に方向修正するのであって、このように考えれば右に行くことをことさらに怖れる連中の主張のおかしさが理解できるのではないだろうか。


新しくランキング登録しました。こちらもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

☆本日のコピペのコピペ☆

104のダイヤルで、電話番号を調べてもらうときに

「どういう漢字の人ですか?」

と聞かれ、

「おもしろくて明るい感じの人です」

と電話局のお姉さんを笑わせてしまった。
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

本日もご覧いただきありがとうございます。
↓↓愛のワンクリック募集中であります↓↓
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。