スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
理性と感性
前回は、イメージに流されることなく、客観的に物事を判断することの大切さについて述べた。これをより抽象的に言えば、感性を信じるな、ということだ。一時の感覚に惑わされることなく、理性によって判断を行え、ということである。いろいろと定義のある用語であるからこの文章中の定義を確認しておこう。感性とは、「外界からの刺激を直感的に印象として感じ取る能力」の意、一方の理性とは「本能や感情に支配されず、道理に基づいて思考し判断する能力」の意、いずれも辞書を引けば出てくるような、通俗的で用いている(なお、定義は明鏡国語辞典より)。今回はこの二つを対比させることから、もう少し前回述べたことに付け加えたい。

物事を理性的に判断する、つまり道理に基づいて思考するということは、これまで日本において軽んじられてきたように思う。何せ「和を以って貴しとせよ」の国である。和を大切にするというと結構なことのように思えるけれども、それは結局のところ何かを決定する際には物事の良し悪しでなくその場に居る人間が納得できる形にしましょうということである。この全員が納得できる形、というのが問題で、世の中には奇人変人、自分のことしか考えないような奴など様々な人間がいるのだけれども、全員が納得できるということに固執するとそれらの意見まで汲んでやる必要が出てくる。当然そうなれば本来あるべき姿から乖離していくわけであるが、そのことよりも「みんなで仲良くやりましょう」という人間の本能的な感性(これ自体が悪いわけではない)を優先させて、それをも辞さず、と考えていたのが日本の通俗的な発想ではなかったか。その場の雰囲気、感覚が決定要因となっていた。

その問題点は大きく分けて二つ。一つは他の誰かに迷惑をかけるということだ。先述の通り、その場の雰囲気で物事を決めようとすれば、本来のあるべき姿からは遠ざかっていく。もちろん、その場にそれ以外の者がいなければ道理に基づく必要はなく、ある程度の妥協があっても構わない。たとえば「今日の飲み会どこに行く?」と相談するときに道理に基づいて、全員の希望が最大限に考慮される選択肢を選ばずとも、世の中にさほど影響があるわけではないだろう。けれども、そうではない場面も当然にあるのであり、その場合それは必ず誰かへとしわ寄せが来る。最近の話題で言えば、社会保険庁の職員内で「和を以って貴しとせよ」とやったのが今の年金問題ではないか。あのずさんな管理体制は社会保険庁と労組の妥協の産物であり、それが生まれ今に至るまで続いてきたのは、そこに「国民のため」という意識が不在だったためである。そしてその結果、もらえるはずの年金がもらえないという事態が生じているのである。
問題の本質は、彼らのうちにサービスとは本来どのようにあるべきかという価値観がまったく欠如していたということにある。これを一部の人間の悪行として扱うことは間違いだ。彼らの大多数は自分たちが悪いことをしているという自覚はなかっただろう。何となく周囲に流されて、あのようなことを続けていたのではあるまいか。言わば、それが世間一般から見てどうであるかと考える能力が欠けていたのである。悪いことをやった人間が、必ずしも悪いことをしていると自覚しているわけではない。その多くはそれが悪いことと感じることもないままにやっているのである。世に言うところの無知は罪なりとは、このことである。
もう一つ例を付け加えておこう。何かの代表を決める投票があるとして、それが町内会か何かの名誉職のようなものであれば「世話になってるから」などと投票しても害はなかろう。しかし、国家の代表たる国会議員などとなると話は別だ。その人間は国民全体を背負って立たなければならないのであり、それだけの資質を持つ人間が選ばれなければならない。これを町内会長感覚で選んできたのがこれまでの選挙であり、その当然の結果として政治家は政治的能力を著しく欠き、それらの人間は地方代表の利権運び屋にしかならなかったのである。

もう一つ。そのようなことをしていては人間として信用されないということだ。これは当人に直接降りかかる不都合である。その場の雰囲気や感情で物事を判断するような人間を信頼に足ると考えるだろうか。前回述べたように投票する人間をノリや好き嫌いで選んでいるような人間がいれば「こいつ大丈夫か?」と思われることだろう。通常の人間関係においても、人だのモノだのに対して好き嫌いといった感情のみで語る者は少なからず存在しているが、その手の連中が信用を受けているという事例はあまり知らない。感性的、というか感情的、というと何となく女性的なイメージがあるかと思うがそうではない。あの男らしいジャイアンなんてその例の最たるものだ。彼に「心の友よ~♪」なんて言われたって、その語る言葉すべてが胡散臭く聞こえるだろう。そういうことだ。そもそも、「好き」という感情はさもすばらしいことのように扱われているけれども、どうもわたしにはそれが理解できない。そこに何か理性的な裏付けがあるというのならば話は別なのだろうが、その感情は非常に頼りないもののように見えるのだ。そう思うことはそう思っているうちはいいけれども、いつかちょっとした拍子でコロリと反対の「嫌い」に変わってしまうように思える。

以上2点、感性任せにすることの危険性について述べてきた。とは言え、感性というものが何も不要とまで言っているわけではない。全体のバランスを考えると、それはわざわざそれを大切にする必要はないということである。また、感性を大切にするにしても理性的な裏付けが必要ではないかということである。日本人の感覚には感性を大事にするという心が十分に組み込まれている。その上でさらにそれが大事だと考えるのは供給過多と思われるだけである。現時点で必要なのは理性で以って評価することである。政治の惨状を見よ。国民が適当に選んできたツケがこれである。また、消費者が事あるごとにブームにフラフラと流されていくような調子ではマトモな商品開発はおぼつかない。一発勝負で、奇をてらったものが氾濫するようになるだろう。今、この日本に起こりつつあることが、その末期症状のようにわたしには映るのである。



総じて、感性によって生きるということは、常に何かに流されながら生きるということである。企業のCMだったり、政治家の甘言だったり、職場の雰囲気だったり、はたまた自分の感情であったり。それの行き着く先は分からない。川を流れる小枝が自分の行き先を知らぬのと同じことだ。それは他人に迷惑をかけるし、信用もされない。一方で、理性的に生きるということは、周囲に流されることなく、立ち止まってどうあるべきかを常に考えながら生きるということである。理性とは、イカリのようなものである。これによってこそ、感情に流されず冷静な判断も可能になる。安定した社会を望まぬ者はおらぬだろう。そのためには、一人ひとりが安定した価値観を持つことである。感性のような不確かなものに身を任せるのではなく、理性的に生きようとすることである。

あれこれ考えた上での「かくあるべき」という理想はそれぞれ異なってくるだろうし、同じ事象についてもその価値判断が同じになるとは限らない。自分が理性という問題を考えざるを得なかったのも両親がともにまさに感性の塊で、毎日毎日小学生レベルの不毛なケンカを繰り広げていたという極めて個人的な理由のためである。それは人それぞれの生まれ育ちなどによって大きく変わってくることだろう。けれども理性を以てすれば、対話が可能である。たとえば感性が大切であるという意見もまた理性的なものであれば対話は可能である。好きだ嫌いだという感性では対話はそもそも成り立たないし、両者の溝は埋められない。しかし、「わたしはこのように考えるからこう考えるのだ」とすれば、完全に一致することはなくともお互いの価値観を共有することは不可能でないだろう。

そのために重要と考えられることは、価値観と人格を別のものとして扱うということである。この両者の混同が活発な対話を妨げているという意見は何度も耳にするところである。つまり、誰かの意見や思想を批判することをその人間それ自体への批判として扱われてしまう、ということである。こうなると多少でも価値観にかかわるような内容は対話の対象とできなくなり、当たり障りのないどうでもいい話しかできなくなるだろう。そして、それは必然的に価値相対主義、すなわち「みんなそれぞれ違ってるんだからそれでいいじゃん」という発想につながる。響きは悪くないけれども、これは結局「自分には自分の意見があるのだから他の意見は絶対に認めない、お前はお前で勝手にしやがれ」ということである。他者の意見の一切の拒絶であり、こういった態度ではどうでもいいことでは仲良くなれたとしても、本質的な部分で理解しあうなどということはとても不可能である。健全なる対話のためにも、そしてそれによって生み出される健全なる人間関係のためにも、この両者は分けて考える必要がある。


最後に、理性的に生きる、ということについて。それが具体的にどういったものなのかについては述べてこなかったし、述べる必要もないと考えている。理性的に生きるということは、自らで考えるということである。となれば、理性的に生きるということは理性的に生きるとはどういうことかと考えることから始まるのではないかと思われるためである。

新しくランキング登録しました。こちらもよろしくお願いします。
人気blogランキングへ

☆本日のコピペのコピペ☆
239 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 03/05/12 19:04 ID:lEI/Qjhe
恥を忍んであえて聞く。 WinnyとかMXって何なんだ? 馬鹿にも理解できる様に噛み砕いて教えてくさい…

241 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 03/05/12 19:08 ID:hS0rcg2Z
>>239
CD・ビデオショップに行ったら開店してるのに店員がいないんです。そんな感じです。

247 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 03/05/12 19:12 ID:107MrFll
>>241
あまりにも的確すぎてワラタヨ(´д`)
☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

本日もご覧いただきありがとうございます。
↓↓愛のワンクリック募集中であります↓↓
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。