スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
偏向報道と説明責任 「『嘱託』天下り、年収1000万円以上は11人」を考える
独立行政法人への天下り職員について、批判の声があがっている。

「嘱託」天下り、年収1000万円以上は11人
 政府は8日の閣議で、独立行政法人に嘱託職員として天下った官僚OBのうち、1000万円以上の高額報酬を得ている人が7法人で11人いるとする答弁書を決定した。最高額は1326万円。非効率な運営の是正に向けてポストの廃止を含めた見直しを図るとともに、今後はポストの新設も実施しない方針も示した。みんなの党の山内康一衆院議員の質問主意書に答えた。

そもそも嘱託職員とは何だろう、ということで一応Wikipediaで押さえておく。


嘱託職員

嘱託社員は、正社員とは異なる契約によって勤務する準社員の一種。

一般的に定年後も引き続いて会社に所属する人のことを指す場合が多いが、契約社員同様、法的に明確な定義はなく、その用法は会社ごとに異なる。


要するに「正職員とは異なる契約で雇用されている人」ということになる。「用法は会社ごとに異なる」とあるように、派遣職員やアルバイトのような意味合いで使われてもいる。その嘱託職員が今回問題になっているのは、その中で年収1000万以上の者が11人いた、という事実が明るみに出たためである。それがなぜ問題になるのかと言えば、通常、官僚OBが独立行政法人へ役員として出向した場合には給与水準を公表しないといけないのだが、嘱託職員として出向した場合にはその対象とならないため。つまり、天下りを隠すために、嘱託職員という雇用のシステムが使われていたのではないかという疑いがかけられているわけである。

この件については、独法側の雇用のやり方に問題があったことは間違いない。報道によれば、政府はこのようなポストを廃止の方向で検討とのことだが、独法の側は早急に何らかの対策をするべきだ。組織としての自浄能力が試されていると言えよう。本当に組織にとって必要な人材であれば正しい手続きに従って雇用するべきだし、そもそも不要な人材であるのならばこれを機に職を辞すことを促すべきである。

今回の件では雇用の形態が不適切ということで11人の人間が槍玉に挙がっているわけだが、注意しなければならないのは、雇用の形態によってその人間が規定されてしまうわけではないということである。問題のある雇用の形態である人間が、そのまま問題のある人物であるとは言えない。この報道でわたしが危惧するのは、このような取り上げられ方をすることによって、その対象者がステレオタイプな天下り役人のような捉え方をされることである。当人の行動が問題なのであれば、いくらでも批判を受ければ良い。しかし、今回の件で問題だったのはあくまで当人の雇用の形態のみである。それぞれにはそれぞれの経緯があるだろうが、組織にどうしても必要で、このような身分としても雇いたい人材であったとも言えるのではないか。1000万という待遇も、その人間の働きによって決められるべきであって、単に額面だけを見て高いだの安いだのというのは短絡的過ぎる。報道各社はどうせまた新橋界隈の酔っぱらいを捕まえて、その酔っぱらいは報道が求めるような回答を返してくれるのだろうけれども、そんなものは何の意味も為さない。

もちろん、この中には中央省庁から押し付けられた人間へのポストとして存在していたものもあるだろう。朝日新聞の報道は複数の独法職員の声を紹介している。曰わく、「ついにばれたか。隠れ天下りが世間に知られないまま、今までよくもった」。

隠れ天下り「本省から押しつけられた」 独法職員ら証言
 独立行政法人が中央官庁の天下りOBを高給の嘱託職員にしていた問題をめぐり、複数の独法職員らが朝日新聞の取材に対し、人件費削減などの規制を免れた「隠れ天下り」の実態について証言し、「本省から押しつけられたポストだ」などと明かした。専門家は「嘱託以外にも天下りの抜け道は様々ある」と指摘している。

ソースは朝日、ということでその信憑性に疑問符が付くことは良い子の常識であるが、このような人間がいてもおかしくはないだろう。そして、この職員が言うように組織にとって価値のない人間であるならば、この外圧に乗じて排除するというのは悪くない。


不要な人材を排除する一方で、組織にとって必要な人材に対しては直ちに然るべき立場を与えるとともに十分な説明を行うべきだろう。その機会は積極的に持つことはなくともあるはずだ。おそらく、この報道と同様の問い合わせが各法人には寄せられている。その人間が必要なのであれば、通常どのような業務を行っており、どれほど組織に貢献しているかを自信を持って主張すれば良い。

この点、お役所にはまだまだ改善すべき点が多い。こういった場合によくある対応は、だんまりを決め込むことである。役人のマスコミへの不信感は根強い。曲解して報道されることを極端に恐れ、その結果として回答しない、最低限の答えしか返さないという対応が導き出される。事実、役人側の主張がそのまま報道されることはない。今回の報道についての調査でも、対象者が組織にとって不可欠な人間だという声はあっただろう。にもかかわらず、記事になるのは問題のある方だけで、さもそういった人間がすべてであるかのような偏向した報道が行われている。

このようなマスコミの品性の下劣さなどはわざわざ繰り返す必要もない。報道は所詮商品であり、扇情的になることは仕方ない。本質的に報道とはそういうものなのであり、そんなことに拘泥しているようでは生産的ではない。この厄介者とうまく付き合う方法を考える方が得策だろう。実際、マスコミが国民へ情報を提供するための数少ない手段であることは事実である。となれば、そのマスコミに対して言うべきことを言うことは公務を預かる者として当然の責務である。自分が正しいと考えるのならば、できる限り正しい手段でもってその正しさを主張するべきだろう。何も喋らないということでは、世間の風評をそのまま肯定したと捉えられても仕方ない。

マスコミも人間である。多少思い込みが強すぎるところはあるにせよ、日本をより良くしたいという気持ちがないわけではない(はず)。そして、役所の方も大部分はお国のために奉仕したいという思いを胸に抱いて職務に全うしている(と信じたい)。であるならば、相互の目指すところは同じであり、現実として生じているすれ違いは結局のところ、相互の不理解による。それをもたらしているのは、マスコミの方では偏向的、独善的な報道、役所の方では数々の不始末とそれに対する説明不足。偏向報道になるからこそ説明不足になる。説明不足になるからこそ偏向報道となる。これはお互いに問題があるのであって、どちらか一方が正しくて、どちらかが間違っているというような話ではない。

この相互不理解を解決し得るのは説明である。正しい情報を積極的に提供することである。これですべてが解決するわけではないけれども、これ以外で解決する術などはない。それは必ずしもマスコミを通す必要はない。報道ベースでは正しい声が伝わらないというのであれば、ホームページに声明を掲載するなり、You tubeで映像を流すなりすれば良い。メディアは何にせよ、正しい情報提供なくして、マスコミによる正しい報道はあり得ないし、国民の正しい理解も成り立たない。

根強い公務員批判の根底にあるのは、彼らが何をしているのか分からないという不信感である。これは過去からの説明不足の蓄積により醸成されてきたものであって一朝一夕で解決できる問題ではない。けれども、これに取り組まなければ役人が信用を得られる日も訪れることはない。そして、その信用がなければ公務員批判の声が止むことはないし、それは公的な業務の遂行にも支障をきたすことになる。今こそ、正しいことは正しいとして積極的に声を上げていく姿勢が求められているように思われる。


最後に体験談。わたしも過去にこのような取材を受けたことがある。突然マイクを向けられれば当然緊張する。いっそのこと、逃げてしまいたいという衝動にも駆られたのも事実である。けれども、その瞬間に考えたのは今回書いてきたように、正しい情報の提供なくして正しい報道もあり得ないということであった。マスコミの報道は一方的で、物事の本質を捉えていなかった。その取材は、その誤りを正すための機会と考えたわけである。緊張のあまり、何を喋ったのかという記憶もあいまいだが、その件は幸いなことに大きな問題になることはなかった。それが自分のおかげという言うつもりはないけれども、最低限の説明責任を果たすことが出来たのではないかと自負している。



☆本日のコピペのコピペ☆

403 名前:おさかなくわえた名無しさん 2008/01/19(土) 04:45:17 ID:9SDaW9sG

昔電車に乗っていたとき
5歳と3歳くらいの男の子の兄弟が、父親と一緒に乗車していた。
兄の方は楽しげにドラえもんの歌を歌っていた。

兄「そーらを自由に、とーびたーいな~♪」

兄弟「だめだッ!!あきらめろっ!!」

2人同時の幼児とは思えない台詞の演技力に
思わず笑ってしまった。
父親の「なんだよそれ…」という脱力しきったツッコミにもまた笑いが…。
--------------------------------------
役人をあきらめないぞクリック!!

    ↓↓↓↓

にほんブログ村 教育ブログ 大学教育へ


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。